虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

隣に彼女が。◯望。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 321

最初に訪れた方は出来たら、少し長くなるけど最初から読んでほしい。その日その時間によって移り行く私の心を嘲笑って下さい。
哀しかったり、苦しんだり、愛でたり、恨んだり、懐かしんだり、
今日も思い出と戦っています❗


昨日、急遽、天神祭の花火大会に行きたいと妻が言い出した。
最後かもしれないと言われると何とかせねばと思った。

もう18時30分。
130万人とも言われる人出で見る場所なんて無いよ。

偶然、知人の会社が屋上テラスを解放しているとのこと。
ゆったりと最高のロケーションで花火を見ることができた。
下界を眺めと橋から落ちるのでは無いかと思うくらいの混みよう。あそこでさえもこの時間ならたどり着けなかっただろう。
少しの優越感。
f:id:kyomuji:20170726100047j:plain

隣に彼女がいたらと思ってしまった。

いつまでも続くのかなぁ
「隣に彼女が。」願望





ランキング参加中。プチっと。ご協力を。