虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

少しの事実をつなぎ合わせてみた。 ⑥

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 276

最初に訪れた方は出来たら、少し長くなるけど最初から読んでほしい。その日その時間によって移り行く私の心を嘲笑って下さい。



あれからもうすぐ半年。ここ数ヶ月のことを考えてみた。
妻と同居して半年と4日で彼女からの別れ言葉。
彼女は僅か半年間で恋?をして、僕以外の男に肌を許し、21年間の恋を踏みにじった。
僕はその後の半年間で重度の鬱病にかかり、数百万の収入の減額を余儀なくされた。それでも彼女のことを忘れる事が出来ない。

たくさんの彼女の嘘の中の少しの真実を繋ぎ合わせて考えてみた。
情報が少ないので正解かどうか分からないが、、、、、、
いつかは事実を突き止めたい。何年何十年かかろうとも。
騙されたことは忘れない。

第三者に会社まで電話させて会社人生狂わされた事は忘れない、

彼女や世間に言わせると迷惑な話だし「きもい」「やばい」「いたい」「怖い」になるのだろう。
逆の立場だったら、
当事者だったら、
少しだけは僕の気持ちもわかってくれると思う。

僕に事実を突き止めさせないで欲しい。

僕が知る前にちゃんと彼女から事実を告白して欲しい。

過去には戻れないのだから。
21年も共に歩んだのだから。

僕の事を忘れて笑って楽しんでいるいる彼女達だが、今も毎日苦しんでいる僕がいることをわかって欲しい。

これ以上僕を苦しめさせないで欲しい。
僕に事実を伝えて楽にさせて欲しい。


彼も2月10日の電話がこうなることまで予期してなかったと思う。
でも彼女から全てを聞いていたのなら予想はできていたはず。

kyomuji.hatenablog.com

彼女への怒りと共に彼女がどうして僕の色々な情報を教えたのかそこまでして守りたいのか。
その結果どうなったのかを彼女にぶつけたくなった。
2月9日の朝で終わる事が出来たのに。

有休をとって彼女に会いに行った。
駐車場には彼女の車はなかった。
僕の誕生日のアウディが。
ただ駐車場から彼女の同僚らしきあの鳥肌がたつほど嫌いと言っていたSさんともう一人が駐車場から歩いて来るところだった。
一瞬ひょっとして駐車場まで彼女を送っていたの?
僕から守るためと思ったが、、そこまでしないだろうと思った。

愛を確認して10日余りしかたっていない。


会社の灯りがまだついていたので今日は僕たちの車で来ていないんだ。
外出してるんだと望みをかけて待ち続けた。
もう帰らないと最終の新幹線に間に合わない。
それでもきっと会えると、20時30分まで雨が降る中待っていた。本当に寒かった。
会えなかった。
あのときやっぱり入れ違いだったのかと思った。同僚たちがガードしてる?
何で一回会いに行っただけで何もしてないのにお互い泣いたり笑ったり思い出話しただけなのに。
そんなことはない。と思ったが不安だった。

結局最終に間に合わないので翌日も有休をとることになった。

そして2日後、有休を取ってまた彼女に会いに行った。完全ストーカーだと思った。僕はおかしい。
精神が崩れていた。

その日は終業時間前についた。
車の前に駐車して30分ほどで彼女がやって来た。
ビックリした。
車で送ってもらって来た。
日中デートですか?勤務中に?と思ったらその車が去っていった。
えっやっぱり事務所から送ってもらったの?
歩いて1分なのに。
じゃあ先日の同僚は駐車場まで送っていってもらったの?

先日の電話のとき彼には今月に東京に行くので3人で会おうと提案した。
今後のことでなく事実を知りたいだけ、二人きりに不安があるのなら彼もいてくれてもいいと言ったのでその事で警戒していたのかと思った。

冷静に話そうと思ったが開口一番に出た言葉は「何ていうことをしてくれたんだ。」「何で会社まで電話かけさせたんだ。」だった。

彼女は知らないと答えた。
ビックリした顔だった。

その時、先程の車が帰って来て男が降りてきた。
僕は
貴方が僕の会社に電話をかけてきた男?と聞いたが違っていた。彼女の所属長だった。

個人的な事なので関係ないと言ったが、彼は警察を呼ぼうかと彼女に伝えた。
彼女は無言だった。
否定もしない彼女にビックリした。

僕が21年の付き合いをと言いかけたとき「言わないで。」と怒鳴った。

その後、彼が彼女を帰らした。
直ぐ帰ると彼女を追いかけるようなので彼と少し話した。明日彼女が辞表を出すかもしれないのでとにかく慰留して欲しい。僕に対して厳重注意して土下座までして謝ってた。二度と来ない約束させた。
位言ってもらって良いからと伝えた。

ここまでされて彼女をかばう自分に驚いた。

完全自分でも一線を越えたなぁと思った。
彼女は僕を確実に消したんだと思った。
もう二度と僕は彼女の口からは事実を知ることがないと思った。


どうして会社の人がガードしていたのかわかんなかった。9日に綺麗に別れたはずなのに10日に彼からの電話で振りだ出しに戻ったが彼女との接点はなかった。
彼女は極端に私生活のことを会社に言わない、
会社の事が大嫌いだった。

その謎がわかるのに2週間もかかった。
実は紹介されたのではなく恋愛だったと。
そしてそれは社内だったんだと。
そうなら彼が仕組んだこと。
僕の職場に電話して僕を煽り、今度は職場内でストーカーに仕立て上げていたんだと。
彼女が21年間といいかけたとき拒否反応を示したことその答えなら納得できる。

正直に彼に話した行動もその答えなら納得できる。

最初から生でのエッチもその答えなら納得できる。


kyomuji.hatenablog.com

kyomuji.hatenablog.com

kyomuji.hatenablog.com



こんなこときずくのに3ヶ月もかかるなんて。

それも実際はわかんない。
彼女が言うように彼はIT 関係かもしれない。

本当に紹介かもしれない。妹ではなく
職場の上司かも知れない。
それはそれで話が通じる。
S部長の紹介。
トーカー対策や部内食事会とも話が通じる。
部長が参加するので部の食事会と言えばあながち嘘にならないと思ったんだ。
フカヒレスープ飲んだと嬉しそうに語っていたのに。
トーカー対策もS部長の独断。
21年間と言う言葉に過剰反応した彼女の言動も頷ける。

だんだんS部長の紹介と思うようにもなってきてる。
S部長の紹介のIT 関係従事者。弟とか親戚かも知れない。

夢に出てきた救急救命士かもしれない。
7月の研修で知り合った方かもしれない。

誰でもいいじゃんだと思うけど変にこだわってしまう。



ランキング参加中。プチっと。ご協力を。
人気ブログランキングへ:title]