読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

天気予報。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 218

12月8日以前の日付けを見つけると動悸が激しく鳴る。未だに涙も溢れる。また最悪の状態。取り敢えず、サイボウズの天気予報を消すことにした。スケジュールには彼女の地域の天気が表示されている。

「今日は雪なんだ。大丈夫かなぁ。」
「こっちは晴れだけど雨なんだ。」
とか毎日思ってた。今も気になる。

以前の勤務先からだから、
もう11年以上も。。。
彼女に話したことは無いので知らないだろうけど。
些細なことだけど見守っていたんだよ。


皆に読んでもらうためにプチっと。ご協力を。