読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

思い出せないことが辛い。今日で3ヶ月。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 214

彼女の1台目のアイフォンは小伝馬町で購入した。最初の携帯から最後のアンドロイド、そのアイフォンまで電話もメールもラインも僕が最初の相手だった。でもこの間解約されたアイフォンは2台目で昨年購入した物だった記憶が何となく残ってる。それは、僕の知らないところで購入した物だった。それとも1台目だったか?わからない。何となく、一番最初の会話の相手ではないと言う記憶がある。それほど会社と家事が大変だったと思う。1台目だったか2台目だったかで何時間も記憶を追っている。
馬鹿のような作業。彼女に聞けばすぐわかるのに。彼のせいで解約された。憎い。

僕の誕生日をNo.にもつアウディも来年1月には売られるだろう。前の車からだと18年も僕の誕生日のNo.だったね。



彼はだんだん僕の思い出を消していく。
昨日もきっとその車を運転したんだろうなぁ。
どんな気持ちだった?
僕が運転してたハンドルを今は彼が握ってる。
関係ないか。気にするような二人ではない。

私は極度の鬱病を発症し、胃潰瘍になり、体重も8.4kg減った。犯罪者と恐れられ、経済的にも追い詰められた。

彼女立ちは毎日会って笑って。2、3日に1回は肌をあ合わせてる。そんなんで幸せに成れる事知らなかった。

不公平だよね。




皆に読んでもらうためにプチっと。ご協力を。