虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

シャワー。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 211

毎年寒くなると「もう年なんだからお湯を出してから入りなよ。」と注意してくれた彼女。
その母親のような言葉が凄く嬉しかった。
ちゃんと守ってるよ。
シャワー出して温風出して入ってる

優しかった。ありがとう。
彼女の助言が生活のリズムになっている。
毎年寒くなる度に彼女の事思い出して
辛くて苦しむだろうなぁ。

彼女とマロニエの東急ハンズにシャワーヘッド買いに行った。覚えてるかなぁ。
少しでも節約しなって節水型。

f:id:kyomuji:20170312113743j:plain

銀座に行くとマロニエによく行ったね。
「備長」のひつまぶしがお気に入りだったなぁ。

優しさも永遠じゃなかった。
今日、朝シャワー浴びるときふと思い出した。
いつ変わったんだろう天使から悪魔に。




皆に読んでもらうためにプチっと。ご協力を。