読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

下毛処理。彼のために教えたんじゃない。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 207

11月の電話の会話のなかで勤務先で温泉に行く話が出た。その時、大切な処の毛の話が出た。
温泉だから処理して良いよと言ってあげたら「良いの?」と言って喜んでいた。

その時、「デルタはサイドは短くセンターは長くカットするんだよ。」と言ったら。「知らなかった。いつも○○がしてくれるから。今度してね。」と言っていた。大切な処のカット処理を知らない彼女が、1月にはI ラインは11月の時に剃ったままの伸び具合だったが、デルタはしたこともないカット処理がしてあった。11月の時、I ラインの処理は許可してないはずだが1月の時には責めなかった。I ラインの伸びかたを見て長い付き合いなんだと確信した。
しかしカットには驚いた。
浮気相手の為に教えた事にショックだった。
カットした彼女を見るのは初めてだったから。