読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

彼女への思いと妻への思いと仕事への不安が重なったから

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 200

えっ?妻が若い男の車に乗ろうとしていて、「なにしてんだ!」と声を書けたら、「早く行って。」と男を逃がし、自分も逃げ出した。
追いかけ捕まえて、全てを告白して貰った。
「他の男とやったら離婚と知ってるよね。僕以外の男性を知っている女性とは夫婦になれないこと知ってるよね。」と言って、「出来る限りの事はしてあげるから別れよう。」と伝え別れた。
「何でもっと早く別れなかったんだ。そうすれば今頃彼女と結婚できたのに。」と叫んで、泣き喚いた。
結局、その日は無断欠勤してしまい。
途方にくれていると姉の顔に変わっている妻が慰めてくれた。


そんな夢を見て今日は目覚めた。
久しぶりの夢を見た。

彼女への思いと妻への思いと仕事への不安が重なった夢だと思う。

彼女達は幸せへの道を歩み始めている。
私と言う障害物をもろともせず。
羨ましい。障害を乗り越えた二人は固く結び付いたことだろう。

幸せを願う心と怒りが交差してる。
騙して手に入れた幸せ。
人を陥れて手に入れた幸せ。
神様、天罰を。。

きっとお互い坂を転げ落ちている事を信じてる。