読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

21個のチョコ。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 152

20年間僕だけにくれたチョコレートが、今年は無いんだと思うと辛い。22個めはないんだ。一生有ると思い込んでた自分が居た事に腹が立つ。だから貴女を失っちゃったんだね。

色んなイベント出来なかったけど、僕はいつも貴女と過ごしてるつもりだった。チョコだって当日貰うのは写真だったしたね。
初詣も大分後だったりしたね。
でも隣にはいつも貴女が笑っていたんだよ。
貴女はきっと家で泣いていたんだよね。
僕と同じように想像してくれていたらと思う。


今年はどんな気持ちでチョコを買ったの?僕は居た?
最後に渡してあげようと思って買ってくれたりして。それはないよね。12月から貴女を苦しめてばかりだから。そんな気持ちも自分が閉ざさせて閉まったと諦めるよ。でもあの日のまま別れていたら、つい買ってしまっていた貴女がいたと思う。バカだね。嫌われて消えなくちゃいけないなんて。またそれが凄く辛い。ごめんね。ただ真実が知りたかっただけだよ。それはわかって欲しい。無視されるのが辛かった。はぐらかされるのが辛かった。
電話が消えたのが辛かった。今でも涙が止まらない。多分21年間貴女が泣いていたのならその報いだね。でも貴女が泣いていても僕は貴女だけを見て隣にいたよ。

バレンタインが終わって冷蔵庫のチョコを食べるのが貴女の役目だったね。

もう日記も読まないと、心に決めてるんだろうと思う。きっと彼に約束したんだろうと思うと辛い。お願いだから心が静かになったのなら、いつか読んで下さい。

ごめんね。苦しめて。