虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

罪滅ぼし。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 147

おはよう。
今日も仕事かなぁ。道路は大丈夫ですか?
貴女のことが心配で心配で寝れませんでした。
6時過ぎにうとうとしたぐらいかなぁ。

大丈夫ですか?ごめんね。
僕の我が儘で、貴女を追い込んでしまったね。
本当なら何も波風がないまま過ごしていったであろうに、貴女は彼に負い目を持って生きてくと思うと辛いです。
それが貴女の言っていた罪滅ぼしなの?罪を背負うという事?

そんなの嫌だよ。悲しすぎるよ。

どうか神様、彼にも伝えてあげてこの事で彼女を責めないで。今も将来も。僕が全て悪いんだから。

僕の罪滅ぼしは貴女を手放してしまい後悔のなかで死ぬ思いで生きていくこと。
看取った後は一人で往くこと。