虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

昨日の今頃は。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 141

貴女の勤務先が見える真っ暗な畦道で待っていました❗すごく寒くて死にそうでした。
貴女の買ってくれたマフラーがすごく暖かった。

会えると信じて。
完全なストーカーでしたね。
でも会えた。

一睡もせず話したの初めてだね。
一回千葉の海岸行った時は少し寝たもんね。
ありがとう。

もう帰ったのかなぁ。
居眠り運転が心配だよ。
電話があれば助けれるのに。

電話して来ればいいのに。嫌なら非通知でもいいのに。12月14日のように。
ごめんなさい変なこと言って、神様。
鳴らして。

ごめんなさい。ありがとう。いつでも戻ってきて。