読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

悪魔のささやき。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 122

このままでは収まらないよね。
凄く勝手だけど、それもわかるんだけど。
だんだん僕の心が壊れてくからしようがないよね。
それが21年間毎日家族以上の繋がりを簡単に壊した貴女にも少しは負担して貰わないと。きっと21年間あまりにも貴女に誠実過ぎたんだと思う。
僕の心の悪魔が囁いてる。許すなと。

私の事は話したと言ったけど詳しい内容までは話してないよね、たとえ全部受け止めたといっても男は過去に嫉妬するから、事実の公表?貴女の前で死ぬこと?
それはいつがいいかなぁ 。やはり僕の家族がいなくなってから?背負うものがなくなってから?そうだよね妻のために別れたんだから、妻が逝ってからじゃないとね。何の為に他の男に抱かせたのかわかんなくなる。後何年先。
こんな楽しいときがあったんだよ。こんな二人だったんだよと。

そんな時はきっと後悔で耐えられないから居なくならないと。悪魔に魂をあげないとね。
眠るように逝きたいなぁ。

誰か救って、異常者だって貴女の優しい言葉で救われると教えてあげて。