虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

毎日起こしてくれてありがとう。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 55

当たり前のことが出来なくなるのは辛い。寂しい。
おきたら「お早う」の電話が出来なくなってしまった。
何年も朝起こしてくれてありがとう。
貴女の通勤の時ながら電話じゃなくてちゃんと電話だけすればよかった。当たり前だから歯を磨いたり、服を着たり。貴女はもう出勤してるのに。ごめんね。もう遅いけど、今反省してる。朝35分の通勤電話が今は懐かしい。
夜の何時間かの電話もテレビに気をとられたときもあった。ごめんなさい。もっともっと時間を大切にすればよかった。当たり前を当たり前じゃないと知ってればよかった。
そうやって生きてこうと思う。ありがとう。

きっと今日も貴女のことばかり想う1日になると思います。

雪は残っていない?凍ってない?気をつけて。行ってらっしゃい。

愛してるずーとずーと。