虚無爺の日記

21年の恋が突然消えた。冴えない親父の未練たらたらな日記。

追えば追うほど。

勝手な恋 最後の恋 未練一杯の恋 46

段々嫌われていく。
12月13日のメールを送って終わりにすればよかった。
送る前にもっと話し合って別れればよかった。
きっとそれをせず全て飲み込んだとカッコつけたけどそんな器がないのにそんな事したのが失敗だったよ。
望んでた答えをもらった貴女の心は今は氷のように固く冷たく閉じている。

きっとそれを溶かしたくて地団駄していると思う。
迷惑かけています。

家族の病気だってちゃんとした理由を早く話していれば理解してくれたかもしれないし、お互いその事を理由に未練を持って別れれたかも、
お互い懐かしめる間に成れたかも。
なんかあったとき気安く連絡取れたり、お互いの近況を話せたり愚痴を聞いたり話したり出来たのにね。貴女はもう今の生活を守るため恐怖で逃げてるばかりに
なっちゃった。連絡来たらどうしようみたいになってしまった。だからメールも電話もとりあえず無視。12月13日前に戻してるだけだから。結果じゃなくてプロセスを、だからお願いします。
少しだけ心を開けて下さいね。

愛してるずーと